アイケアの必要性について

アイケアの必要性について書かせていただきます。
それは4つあります。
一つは、目元は皮膚が薄いということです。
そのため外部からの刺激によるダメージを受けやいということです。
だから、シワやたるみが起こりやすく、また、血行障害によるクマ・くすみも目立ってしまいます。
二つ目は、目元は乾燥しやすいということです。
経年に伴う保湿力の低下の影響がでやすく、ちりめんじわや小じわ、たるみを招いてしまいます。
目元ほど細かい表情を作る基なのでいろんな影響を受けやすくなっているのだと思います。
三つ目は、目は、瞳を乾燥から守るために 1 分間に20~30回もまばたきをしています。
そして、笑ったり泣いたり怒ったりといった表情の変化によって、目元の筋肉は忙しく運動をしています。
だから、表情筋というのが大切な役目を持っていることが分かります。
四つ目は、洗顔の影響です。
薄い皮膚は化粧品によるダメージを多大に受けてしまいます。
さらに、「クレンジングと洗顔」です。
洗顔料をつかって、ついついゴシゴシと擦ってしまいがちです。
こうしたことから、アイケアはとても大切だといえると思います。

Comments are closed.