浮気の利点

誤解を恐れずに言わせてもらうと、浮気の最大の利点は何かというと「いろんな女性の中から自分にとって合う人を探すことが出来る」というものである。
ただ、この浮気に関して私が思っている本質を述べると非常に拒否反応をする人が多いかと思う。
たしかに、浮気の最大の利点として複数の中から選ぶことが出来ることだと思うが、結果的に選ばれなかった人たちの気持ちはどうなってしまうのだ。
そういったまっとうな意見もあると思う。
たしかに、浮気をした結果、最終的に選ばなくなったという人は存在する。
ただ、冷静に考えると浮気にしろ、浮気でないにしろ、恋愛というものがそもそも、最終的に選ばれなかった人が多くなるという仕組みなのである。
また、そのことも踏まえて言わせてもらうと、自分の利点や目的やしたいことを犠牲にしてまで、他人の要望を叶えたい。
それってどうなの?という意見が私にはある。
「たにんがきずつかないようにするために、じぶんのようぼうをがまんする」。
それって非常に不健全なことではないか?と私は思うのだ。
と、このように私は浮気の利点ばっかり唱えていたのであるが、唯自分でもそれなりに最低限のルールは設けているつもりである。
浮気の利点ばっかりに目がいって、浮気の良くないところを見ないようにするのはいけないことなのだ。
まず私が心がけているのは何かというと、家庭持ちの人に手を出してはいけないのではないか?と思っている部分がある。
実は私は家庭持ちの方と一度恋愛をしたことがあるのだが(恋愛と書かせていただく、私として人生で初めての真剣な恋愛であった)その家庭がずたずたに壊れていく過程を見たときに、これはやってはいけないと思ったのであった。
浮気の利点はいろんな女性の中から自分にあった人を探すことが出来ることであるのだが、その利点を最大化することに熱中するあまり、人の痛みとか人間のそういった大事な部分を見失いようにしたいと思ったのであった。
浮気をしている自分が何を言っているのか?と思うけれど、自分もやはり一つの線引きは欲しいと思っているのだ。

Comments are closed.