浮気の研究

男は浮気をする生き物という考え方があるけれど、女も浮気をする生き物ではないか?と最近は思うようになりました。
実際、自分は浮気の研究(?)を続けていると女もするのではないか?と思ってきたのでした。
ただ、それが「浮気」という言葉ではないというだけで、実際にやっていることは、やはり浮気ということなのではないかと思うようになったのでした。

浮気の研究というのをし続けると、女性もそれをしてきているのではないか?ただ、女性は男性のように、直接的な浮気ではなく、さらに間接的なものではないか?と思うようになっってきたのでした。

長い間、浮気の研究をしてきてわかったのが、女性の浮気は男性を「キープ」するということをするのではないか?ということなのです。
女性の浮気は「キープ」であり「保険」であるのではないか?
この助成に対する浮気の研究の結果を中のよい女の子に話してみる機会がこの前ありました。

女性は浮気をする。
それは「だめだったときにすぐにのりかえられるために」もしくは「もっと良いと感じたらすぐに乗り換えられるように」。
その浮気の研究発表(?)を女の子に話してみる機会がありました。
結果としてはあまり、良い反応をしていなかったのでした。
そういう人はいるかも知れないけれど、結構稀かもしれないよと、その子は言っていました。
自分の浮気の研究がその子にあまり受け入れられないのは、その子の周りにそういった子があまりいないから。
もしくは、実際女の子はそういう子が多いけれど、女の子としてはあまりそういったことは認めたがらないからか。
実際は、どっちなのかよくわからなかったのですが、唯一わかったのはあまり女の子の前で女の子も浮気するじゃん?という話題はあまり好ましくないのだなということに関してはよくわかりました。
そうすると、自分もガンガン浮気するみたいだし、そして仮にそうだとしても自分のガンガンの浮気を相手もしているから良いじゃん?と自己弁護しているみたいでよくないなと思ったのでした。

Comments are closed.